Brian Setzer着用!黒ベースの50’s King Louie ボーリングシャツ
福岡 上人橋通りの古着屋、アウラ・クロージング&アンティークスです。
a0182112_13563474.jpg
9月11日(日)にももち浜マリゾンにてイベントがあります!
NAGAIさんのロックンロールイベントDIG IT!のスペシャル。。題してROCK'N'ROLL BEACH PARTY!! 開放感あふれる日曜日のマリゾンでアロハやリゾートスタイルのコーディネートで楽しみましょう! OPENは昼3時からなのでお子さん連れの方も多いですよ。。。 当日はLIVEあり、DJあり、古着や雑貨のお店の出店あり、AURAもブース出店で参加します! チケットはAURAでも購入できますので、気になる方はぜひお問い合わせください。


本日はこちらをご紹介したいと思います。。
a0182112_1724446.jpg
50年代末あたりのキング ルイのボーリングシャツです。
こちらはストレイキャッツ時代にブライアンセッツァーが着ていたモノと同じモデルです!
少し前に東洋が復刻しているようですが、、これは50’s当時のオリジナルです。。

a0182112_179277.jpg
黒ベースでV型切りかえのツートーン、しかも片胸ポケでCOOLです。
しなやかなレーヨン素材でエリ芯は無し、着丈は短めのウエスト丈になっています。

a0182112_17151989.jpg
タグです。 丸まって見えてませんが、小さなMサイズの表記タグが下中央に付いています。

a0182112_17201082.jpg
バックにはチェーンステッチの刺繍とB・P・O・Eのパッチが入っています。
やはり黒ベースには赤のステッチが映えます!

a0182112_17241678.jpg
パッチも当時の物で雰囲気があります。 
たしかB・P・O・Eはメーソンやライオンズクラブのような古くからある組織系のもので、鹿モチーフのリングなどもあります。

a0182112_1743157.jpg
ウエストの両サイドにはアジャストが付いています。

a0182112_1744225.jpg
切替え部分のアップです。
6本のラインはステッチングになっていて凝った造りです。

a0182112_18213343.jpg
ボタンが1つだけ無くなっていますが、その他は使用感も少ないVery Goodコンディションです! 

サイズ表記はM 
Priceは復刻よりも安い¥SOLDとなっています。  ありがとうございます!

このモデルが・・しかもGOODコンディションですのでお好きな方はお見逃し無く!!


お問い合わせは AURA Clothing & Antiques 092-716-1920
[PR]
# by auraclt | 2011-08-30 18:32 | men's CLOTHING | Comments(2)
ポケット口と股下のリペア LEVIS 501 XX 目立たないように!
福岡 上人橋通りの古着屋、アウラ・クロージング&アンティークスです。

薬院の人気セレクトショップMAVAZIの店長のINAYOSHIさんより、ビンテージ501のリペアのご依頼を受けましたのでご紹介したいと思います。

a0182112_17365787.jpg
これがそのジーンズ、さすがMAVAZIのセレクター! いいジーンズですね。
INAYOSHIくんとは香蘭ファッションの学生時代からの付き合いで、知り合ってかれこれ20年になります。 若いときからお互いにビンテージやアメカジが大好きで、筑後の出身同士やけに波長も合うのでよく行動を共にしてきましたので。。。彼とはコユ~い思い出が沢山あります(笑)

a0182112_1745910.jpg
今回はポケット口と股下を目立たないように直したいとのご依頼です。
ポケット口の目立たないリペアは以前にもご紹介しましたが、コストを抑えた簡易リペアで表地と袋布を一緒に叩き縫いするやり方でした。 今回は表地と袋布それぞれを直すやり方で、より自然に仕上がります。

まずは右ポケットから・・・
a0182112_1810250.jpg
内側の袋布が掏りきれてダメージが広がってきています。
表地のほうも擦れがあり、少しモジャモジャなってきている部分もあります。
こうなってくると、、ポケットに入れたはずの物がスソからポテッと落ちてきたりしますね。

a0182112_19172830.jpg
表地・袋布をそれぞれ分けてリペアするので、ポケット口を大きく解いてしまいます。
そして形を整えてそれぞれに当て布をして叩き縫いします。

a0182112_2061429.jpg
それぞれ叩いてリペアできました。

a0182112_208324.jpg
ポケット口を元の通りに閉じます。 これで完了です。
ご覧のように表地も袋布地もリペアの糸にガードされている形になっていますので強さが飛躍的に増していて、手の出し入れで起きる繰り返しの摩擦にも耐性がありますので しばらくの間は安心して使うことができます。

a0182112_20174263.jpg
肝心の表から見たところです。 
仕上げにオレンジステッチを2本入れれば完成ですが・・
最初はどうしても真新しいステッチになりますので、ビンテージ感のあるジーンズには若干浮いてしまうのはいたし方ありません。
オーナーINAYOSHIくんの好みにより、このままの状態にすることにしました。


a0182112_20232649.jpg
次は左ポケットです。 こちらも右と同じ方法で直します。

a0182112_20252495.jpg
リペア後の左ポケット内側です。

a0182112_202748.jpg
リペア後の左ポケットの外側、、ポケットはこんな感じに仕上がりました。


お次は股下・・・
a0182112_20284874.jpg
穴のサイズは小さいですが、ヒゲやしわに沿ってちょこちょこと3方の生地にわたってキズがあります。。。こちらも目立たないようにリペアします。

a0182112_2036466.jpg
リペア後の股下です。 念のために糸の色を2色用意して必要ならば組み合わせて使おうと思っていましたが、結局1色のみで直しました。
超うす手の芯を使ってのリペアで、他の部分と同様のしなやかさで直すことができました。

a0182112_20432128.jpg
アップで見るとこんな感じです。

a0182112_20441531.jpg
これで元気になりました、とおぶんの間は安心です!!

今回のリペア料金は ¥6,000+taxになります。
INAYOSHIくん、ありがとうございます! また遊びましょう!!


今回のポケット口のリペアは片方で¥2,000ほどで、手間がかかる分高くはなりますが。。。長く履きたい大切なジーンズをお直しする時などにお勧めです!  ダメージが激しい場合はもう少しUPしたり、、場合によってはできない場合もありますのでご了承ください。


お問い合わせは AURA Clothing & Antiques 092-716-1920
[PR]
# by auraclt | 2011-08-26 21:03 | リペア | Comments(0)
リメイク! BAGにポケットを取り付け!
福岡 上人橋通りの古着屋、アウラ・クロージング&アンティークスです。

レゲエイベントONE STEP BEYONDのゲストDJとしてお誘いを受けました!
a0182112_15291688.jpg
主催のBOLYくんがHECKLERさんと一緒に毎月第一木曜にやっているROOTS & DUBのイベントです。 ゲストでFALASHAのSHINSUKEくんと僕が参加します! 
リーゼントをしたりする僕に、、RAS RYUJIの名称をいただいて良いのでしょうか!?
でも、どんな髪型をしようがどんな服を着ようがレゲエが好きなことは変わりません。。
9月1日にSTAND BOPにて、自然体で遊べる良いイベントです! しかも1000円で1ドリンク付き。。。Hiな人もLowな人も何を着てても、普段のアナタで遊びに来てください!! 


本日は、リメイクのご紹介を。。。
となりの中学校区で少年の頃からの友人のTAKAYUKI君より、BAGにポケットを追加してほしいとの依頼を受けました。

a0182112_14195058.jpg
リメイクするのはこちら・・
AURAで買っていただいたフランス軍のリネンショルダーバックです。
中に仕切り布兼ポケットが付いているのですが、ポケットが深いので使いにくいとの事。。

a0182112_14315391.jpg

カバーをめくったこの部分に、よく使うタバコや携帯を入れるポケットを付けたいとのご依頼を受けました。

a0182112_1440197.jpg
どういうポケットにするかあれこれ考えましたが、TAKAYUKIくん持参の履かなくなったWOODLANDの米軍カモのカーゴポケットを移植する事に決めました。

a0182112_14453647.jpg
ポケットを外しました。。
このままでは大きすぎますし、BAGのストラップが上下にあるのでバランスが悪いです。

a0182112_14481826.jpg
ポケットの丈を短くして、上下のストラップの間に収めてみました。
これで取り付けることに決定!

a0182112_14512132.jpg
BAGを開いたすき間から強引にミシンを入れてずれない様に慎重に縫いました。
撮影はとなりで作業を終始見守っていたTAKAYUKI君。

a0182112_1455116.jpg
取り付け完了!!
太番手の糸で丈夫に取り付けました。 フラップ用に2つ付いていたボタンはもう意味がないですが、、アクセントになって良いのでそのままに。

a0182112_14583552.jpg
身近な材料を使っての実用的なリメイクです。 軍モノ同士で相性もバッチリ!

a0182112_1561471.jpg
オーナーのTAKAYUKI君にさっそく使ってもらいました。
サイズもよくて使いやすいと満足してもらいました!
もともと気に入ってくれていたBAGだったので、難点が解消されて良かったです。

今回のリメイク料金は¥1,500+taxです。
TAKAYUKIくん、いつもありがとうございます! 来週も待ってます!!

今回は出来合いのポケットを再利用しましたが、生地から造ることも可能です。
困ったっことや、やりたいことがある方は一度ご相談ください!


お問い合わせは AURA Clothing & Antiques 092-716-1920
[PR]
# by auraclt | 2011-08-23 15:19 | リペア | Comments(6)
新入荷! ビンテージのKIDSクロージング
福岡 上人橋通りの古着屋、アウラ・クロージング&アンティークスです。

昨夜は、京都の古着屋GRASSのみなさんと遊びに行ってきました。
慰安旅行でスタッフ全員と仲間を引き連れて九州に遊びに来られました、、
ようこそ福岡へ!! 
1件目は"りぼん"、2件目は"煮こみ"という・・・もつフルコースの食べ歩き(笑)
GRASSの皆さんとは電話ではたびたびお話していたのですが、実際に会うのは初めて。しかしながらKUNOもまじえてとても楽しい夜を過ごしました! やはり関西の方は面白いです。。
GRASSの皆さんはそれぞれ個性的なコユい方々で、オーナーのKIYOSHIさんを中心にしっかりまとまった良い世界が出来上がっているように感じて とてもいい刺激になりました。
これからもよろしくお願いします、ありがとうございました!


本日は新しく入荷したキッズのアイテムをご紹介します!
a0182112_20382936.jpg
キッズも今シーズンからビンテージをメインに入荷しています。
ちょこちょこ動いているのであわててのご紹介。。。ビンテージの中からこの2点を。

a0182112_20421132.jpg
まずは1950年代のバンダナ柄のウエスタンスナップシャツ!
こちらはガールズの右上の合わせですが、男の子にもぜんぜんOKなデザインです。

a0182112_20453448.jpg
タグです。 Goldwatersというアリゾナのメーカー。 

a0182112_20471639.jpg
とても小さいですがキチンと50'sのオープンカラーです!
フロントは実用的なスナップボタン。 コットン100%の生地です、可愛い柄も見てください!

a0182112_21122116.jpg
バックスタイルです。
こちらは使用感の少ない超GOODコンディション! シミもキズも見あたりません。
サイズ表記は無しで、おそらく1~2歳くらいのサイズかと思います。

Price ¥3,000+tax


お次は・・・
a0182112_2117710.jpg
~1960年代 メンズ顔負けの黒ベースの半そでカレッジスエット!
オールコットン素材で古着感もいい感じに出ていて一目でビンテージと判ります。

a0182112_21193418.jpg
リブは赤と白のラインがアクセントになっていてGOODです!

a0182112_21214565.jpg
プリントはやや毛足がつぶれ気味ですがフロッキープリントです!
下のほうに少しプリントミスがあります。。

a0182112_21243113.jpg
バックスタイル。

a0182112_2125152.jpg
背中の肩付近にカギ状のヤブケがあります。。ご希望の場合は無料でリペアします。

a0182112_21272187.jpg
フロントの裾のリブにも小さなキズがあります。。
サイズ表記は無しで、2~3歳くらいのサイズかと思います。
黒のビンテージスエットはメンズ同様、なかなか出ませんよ! オススメの品です!!

Price ¥4,200+tax


a0182112_21314177.jpg
ジーンズによく合うアメカジアイテムをご紹介しました!
この他にも1920年代~80年代のビンテージ物も多数あります。。
ぜひ見に来てくださいね!


お問い合わせは AURA Clothing & Antiques 092-716-1920
[PR]
# by auraclt | 2011-08-19 21:40 | kid's CLOTHING | Comments(0)
AURAの看板ができました!!
福岡 上人橋通りの古着屋、アウラ・クロージング&アンティークスです。

a0182112_21544410.jpg
AURAの看板ができ上がりました!!
オープンして8ヶ月が経ち、看板を掲げないまま営業してきました。。。
看板を出さないのが看板なんでしょ?? などとよく言われましたが違います。。。
本当はオープン当初から準備を進めていました。
来店されるお客さまや友人に場所が判りにくいと言われ、、ご迷惑をお掛けしてまでも看板が無かったのは・・・どうしてもこんな看板を創りたかったからです!!

a0182112_2291432.jpg
まず・・・

AURAのオープンのときに施工をしていただいた、吉井町のDECO WORKSさんに看板のベースを造っていただきました。
オープニングのブログでも書きましたが、、DECO WORKSの代表の原嶋さんは古材やアンティークのパーツを使っての施工を得意とする方で、古材とブリキ板を使って予想通りに、、 いや、予想以上に雰囲気あるベースを造っていただきました。

原嶋さんはDECO WORKSを起業する前は、トラベラーズの初代のドラムをされていました。 
そして僕の小学校時代のソフトボールクラブの時からの先輩でもあります!!
色々なカルチャーの知識が豊富で、何より昔からセンスが抜群。。施工の腕前も確かなのでとても信頼しています。

a0182112_2244133.jpg
次に、出来上がったベースを持って看板の絵柄を描いてもらいに行きました。
見てください、全てハンドワークで描かれています!
上手いというか・・・そういうのを通り越して、、素晴らしい仕事です。

a0182112_2251537.jpg

絵柄のデザインと作成はMr.Gにお願いしました。
Mr.Gは世界的に有名なピンストライパーで、市内寺塚でアトリエを構えてあります。
こういう方が近くに居られるというのは素晴らしいことだと思います。

Mr.Gの作品はよく目にしていて以前から憧れていましたので、いちどAURAの店内の雰囲気を見てもらい OLDアメリカ風に仕上げてもらいたいとだけ伝えて、デザインから色使いまで全てお任せして描いていただきました。 一流のアーティストなので、僕があれこれ口を出すよりも自由にやってもらうのが一番だと考えたからです。

a0182112_23191627.jpg
鉛筆で描いたデザインの下書きを見せてもらい、一発で気に入って即OKを出しました。
全国や世界中を飛び回る多忙な合間を縫って作成していただいて、、とても良い看板に仕上げていただきました。 原嶋さんに造っていただいた枠にもマッチしています。
DECO WORKSとMr.G  二人のアーティストの世界に1つだけのコラボ作品です。 うーーたまらん。。
さらには、雨風にさらさせて月日が経つと劣化して筆の筋などが浮き出てくるらしいです!
マジっスかーッ!! 風化した姿もかなり良さそう、、、楽しみです!

a0182112_23292245.jpg
そして本日、取り付けてもらいました!
取り付けていただいたのは東区青葉の看板屋さん、トータルアシストAOBAのお二人。
社長のシンゴちゃんはいつもアニキと愛想よく慕ってくれます。。見た目コワイけど。。。
いつも良くしてくれてありがとね!

a0182112_23392761.jpg
取り付け完了しましたっ!
とても満足のいく看板を掲げることができました。
DECO WORKSの原嶋さん、Mr.Gこと後藤さん、AOBAのシンゴちゃん、本当にありがとうございました。
これから、この看板とともに歩んでいきたいと思います。

a0182112_23451546.jpg
看板が付いたところで記念撮影してみました!
皆さま、これからはこの看板を目印に遊びに来てくださいね!


お問い合わせは AURA Clothing & Antiques 092-716-1920
[PR]
# by auraclt | 2011-08-17 23:52 | お知らせ | Comments(4)