デニムリペア方法の比較! 目立たないようにとダメージ感あるリペア
福岡 上人橋通りの古着屋、アウラ・クロージング&アンティークスです。

僕と同世代のお客様のKURITA様よりリペアのご依頼をいただきました。 とても服を大切にする方で、、KURITAさんに選ばれた服は本当に幸せ者です。。 今回はジーンズのリペアを2本ご依頼いただきました。。 どちらもけっこう穿きこんでいて、ボロボロ系の気合入った状態になっているのですが、、1本は目立たないように…もう1本はダメージ感を活かしたリペアをする事に決定しました。 2本ともご紹介しますので、、ジーンズをリペアしたいと思っている方は比較して参考にしてくださいね!!
かなり写真が多いのですが、、、お付き合いお願いします!

まずは目立たないリペアから。
a0182112_16374421.jpg
Levis 501です。。これをなるべく目立たないように直したいと思います!

まず1番に目に付くのが両モモの激しいクラッシュ。。。
a0182112_1647506.jpg
こんな感じにモモの上の方から膝あたりまでの連続したクラッシュ! もちろん、破けている部分のまわりもウスウスになっていてティッシュような柔らかさになっている状態です。。
やり応えがありますねー!! ここまで激しいと、より繊細な仕上がりの細番手の糸で直すにはコストの面で無理がありますので、、太番手の糸で直そうと思います。 叩く範囲もひじょうに広いので、縫い縮みとの戦いになりそうです。。。 それでは行ってみます!!


まずは右モモから!
a0182112_1761160.jpg
a0182112_17738.jpg
目立たない様に直す場合は、生地と同じ色の糸でダメージ部分をすき間無く縫いつぶして、こんな感じの仕上がりになります。


続いて左モモ!
a0182112_17154763.jpg
a0182112_17155983.jpg

実は・・やはり恐れていた縫い縮みが出てしまったので奥の手を使いました。。。
僕のブラザーのBrotherミシンを調整して、注意して縫ってもこの広範囲のタタキは無理があります。。 藤原とうふ店の拓海くんのように、、、マシンを手足のように操る領域に早く到達したいものです。。
とはいえ、お客様にモモが縮んだままお渡しなど・・・絶対にしたくありませんので、、きちんと修正してフラットに仕上げました。

a0182112_17505869.jpg
両モモを見た様子です。 遠目に見るとあまり目立たなくなりました!

大仕事を終えてあとは細かいところを。。
a0182112_17545948.jpg
a0182112_17551552.jpg
右ポケットのリペアです。 コインポケットも直しました。


a0182112_17565987.jpg
a0182112_17572878.jpg
続いて左ポケット。 二度とモジャモジャならないように全体にホツレ止めの補強を!


a0182112_1802969.jpg
a0182112_1805121.jpg
最後に両スソを、、
いちど裾ステッチを開いてリペアした後にまたステッチを入れてふっくら仕上げました。
これで全ての部分のリペアが完了しました!

a0182112_1882355.jpg
目立たないようにリペアすると、仕上がりはこんな感じになります。



お次はダメージを活かしたリペアをご紹介します!
a0182112_18132051.jpg
Levis 517です。 
さきほどの501と同じくらい派手にクラッシュして、モモ以外も傷みが激しいです。。
こちらはダメージを活かした仕上がりになるように直してみたいと思います!


まずは右モモから!
a0182112_18224075.jpg
a0182112_1823837.jpg
ダメージを活かしたリペアの場合はダメージ部分を縫いつぶさずに、すき間がある状態にタタキ縫いして。。こんな感じの仕上がりになります。


続いて左モモ!
a0182112_18291394.jpg
a0182112_18293347.jpg
この状態からさらに叩き縫いすると目立たないリペアになります。。。すなわち、、ダメージを活かしたこのやり方のほうがリペア料金が少しお安いということになります!!  "リペアしてる" って感じで、ボロカッコ良い雰囲気を楽しみたい時にお勧めです。


a0182112_184618.jpg
a0182112_18462257.jpg
右ポケット!

a0182112_18482913.jpg
a0182112_18484730.jpg
左ポケット!  ポケット口は甘く直すとまたしばらくして直さなければいけなくなるので、ここだけはしっかり叩きました。


a0182112_18513142.jpg
ウエストベルト布の端が擦れてモジャモジャなっていたのをぐるっと1周叩きました。 二度とモジャモジャとなってこないはずです。


a0182112_190658.jpg
a0182112_1901711.jpg
また下部分!


a0182112_191644.jpg
a0182112_1912118.jpg
バックポケット部分!


a0182112_1924472.jpg
a0182112_1932626.jpg
a0182112_1934449.jpg
最後にスソです!  生地が無くなっている部分があったので、帽子用の芯とステッチングで生地を造ってリペアしました。

これでリペア完了です!
a0182112_19122696.jpg
ダメージを活かしたリペア、、こんな感じに仕上がりました!!

とてもやり応えのある仕事でした。。。KURITAさん、ご依頼いただきありがとうございます!
良い経験をさせていただきました。  またお直しがあれば是非お願いします!!


とても長くなりましたね・・・ここまで見ていただいた方に感謝いたします!!
最後にそれぞれアップでチェックしてみてください!
a0182112_19253562.jpg
これは【目立たないように】のリペアです。 
ご希望でしたら細い糸でスペシャルに直すこともできます!

a0182112_1955462.jpg
こちらが【ダメージ感あり】のリペアです。 基本はこれで、、、糸の間隔を広くしたり狭くしたり、糸の色や太さを変えたり、ダメージ箇所に好きな柄の生地をはめ込んだりと・・・オーナー様のご希望に応じていろんなアレンジができます!
もちろん目立たないようにとダメージ感アリを組み合わせて直すこともできますよ!

いかがでしたか? AURAのリペアは大きく分けると【目立たないように】と【ダメージ感あり】がありますので、お直し時の参考にしていただければと思います。


お問い合わせは AURA Clothing & Antiques 092-716-1920
[PR]
by auraclt | 2012-06-13 20:17 | リペア | Comments(0)
<< GoodPrint Tシャツ2枚 夏仕様 薄手のギンガムチェック... >>